MVNO比較│話題の格安SIM・格安スマホはどこが良い?

MVNOを徹底比較しています。格安SIM・格安スマホは話題ですが、結局どこがいいのやら…。あなたにおすすめMVNOを分析します。

DMMモバイルの評価とレビュー│業界最安値と高速な実効速度が魅力すぎる

      2016/02/15

DMMモバイルでSIMカードの契約をし、スマホやタブレット、モバイルWi-Fiルータに差し込めば、これまでよりもお得にインターネットを使用できます。しかし、無駄なく賢く利用するには、サービスや価格などについて知っておきましょう。

多くの分野でも活躍するDMMのデータ通信サービスであるDMMモバイルですが、特徴とオススメのポイントはどんなものか、またデメリットはあるのでしょうか。

DMMモバイルの特徴

DMMモバイルでは、快適なサービスを提供するために、NTTドコモの回線を利用可能にしています。そのため、ドコモが使用できるエリアの全てでインターネットや通話が利用できます。

ドコモユーザーであれば、これまでと同じ環境でインターネットの使用が可能と考えられますが、不安がある場合には、あらかじめ使用できるエリアの確認をしておくと良いでしょう。

DMMモバイルには、サービスエリア以外にもスマホを利用する上でメリットとなる特徴があります。

豊富な機種からスマホ本体を購入可能

DMMモバイルでは、最新機種を含め多くのスマホが購入可能です。スマホを持っていない人にも、SIM契約と同時に購入すればすぐに利用可能です。

機種によって価格の違いがありますが、24回の分割払いも可能なため、初期の負担も少なく高スペックなスマホを使う事も可能でしょう。中には、月額1,000円以下で使用できるものもあるため、スマホもSIMも格安での使用が可能と言えるでしょう。

バースト機能付きで快適に使用可能

高速データ通信の設定された使用量を超えてしまうと、200Kbpsの低速通信に切り替わってしまいます。

しかしDMMモバイルでは、低速に切り替わってしまった後にも、最初の一定量だけは高速通信が可能です。このバースト機能がある事で、ある程度はストレスなく動画の組み込まれていないウェブページの閲覧などができます。高速データ通信の容量設定が低いプランであっても、快適に利用できる可能性は高いでしょう。

専用アプリで確認できる手軽さ

DMMモバイルには、残量の確認や追加チャージの購入、高速データ通信のオンとオフの切り替えなどの操作が簡単にできるアプリがあります。

高速データの使用量と残量を一目で確認でき、残量が20%になった時点でメールを使って通知するように設定できるだけでなく、高速データ通信のオンとオフの切り替えが簡単にできます。オフにした場合には、200kbpsに速度が低下しますがバースト機能が使えるため、ウェブ閲覧やメールも快適に行えるでしょう。

また、請求内容も簡単に確認できます。

DMMモバイルの料金プランについて

DMMモバイルのプランは、とてもシンプルなものです。

まず、通話SIMかデータのみのSIMかで料金に違いがあり、さらに高速データ通信が可能なデータ容量を1GB~20GBまで1GB刻みにプランを選ぶ事ができます。

データSIMでは590円~6090円、通話SIMは1260円~6790円と幅広い高速データ通信の容量設定があります。

細かく分かれているため選びやすいと感じる人もいれば、どれが自分に合っているのか分からないという人もいらっしゃるでしょう。その場合にも、通信量の目安がホームベージで確認可能なため、使用頻度に合わせてプラン選びが可能ですし、契約後のプランの変更も可能です。

また、使用しなかった月のデータ容量は次の月に繰り越して使う事ができるため、無駄なく利用できるよう細かい配慮がされています。

尚、通話SIMの場合には、国内通話で30秒ごとに21.6円がかかる事も考慮する必要があるでしょう。

ライトプランについて

DMMモバイルには、高速データ通信を使用しないライトプランがあります。通話SIMでは月々1140円、データSIMであれば440円とかなりの低価格です。

通信速度は200kbpsですが、この場合にも一定の量が高速通信で利用できるバースト機能が使えるため、少しの間はウェブ閲覧が快適になるでしょう。ただし、使用状況により制限がされた場合には、ほぼ使えない通信速度になると考えられます。毎日数十ページの閲覧であれば問題はないと考えられますが、閲覧の内容にもよるため気を付けておくと良いでしょう。

シェアコースで分け合える

DMMモバイルでは、8GBのコースからで最大3枚のSIMを使用し高速データ通信を分ける事ができます。SIMごとのデータ容量の設定はできませんが、SIMを使用可能なスマホに差し込むだけで自分だけでなく家族や友達と分け合う事が可能です。

データSIMと通話SIMの組み合わせも可能で、それぞれに料金設定も違いますが、使い方に応じてプラン選びが可能です。シェアコースを選んだ場合は、SIMの使用料の請求は一括になります。

SMSについて

データSIMプランでSMS機能を使用したい場合には、月に150円の料金がかかりますが、通話SIMプランで契約すれば、SMS機能が付いてきます。

SMSはショートメッセージサービスですが、つけておく事でSMS認証が必要になるアプリを使用する事ができるため、メッセージアプリなどの使用を考えている場合には、必要になる可能性があります。

通信速度について

高速データ通信では下り最大225Mbps、上り最大50Mbpsです。ストレスなく使用できる速度と言えるでしょう。ただし、快適に使用できるため多くの高速データ通信をしてしまうと、速度制限がかる可能性があるため注意が必要です。

DMMモバイルの速度制限

DMMモバイルでは、高速データ通信の使用量が契約の量を上回った場合には通信速度は200kbpsに制限されます。200kbpsでは、動画の視聴が難しいだけでなく、ウェブサイトの閲覧にも時間がかかります。また、速度制限の状態になった後にも、3日間で366MB以上を使用した場合さらに速度制限がされる可能性があります。バースト機能の使用で快適に使えたとしても、データ使用量には気を付けるべきと言えるでしょう。

一番低価格のライトプランはもともと200kbpsですが、この場合にも直近3日間で366MBを超えてしまうと速度制限がされる可能性があるため注意が必要です。目安として、DMMモバイルのトップページの閲覧が236KBとされている事を基準と考えると、1日数十ページの閲覧程度であれば問題はないと考えられますが、使い方によっては制限がかかると考えておくと良いでしょう。

データ容量超過の際の回避策

データ容量を超えてしまった後も高速通信を使用したい場合には、使う分だけ追加する事が可能です。そのため、万が一使い過ぎてしまっても、その月がずっと低速通信でストレスを感じると言う事もありません。

追加チャージの価格は、100MBで200円から、1000MB(1MB程度)で1,100円。通常であれば3か月間使用が可能ですが、その月飲みの使用で繰り越しの必要がなければ、繰り越しなしの1000MBで480円のお得な価格も用意されています。

スマホ本体、SIMカードの故障について

スマホ本体にトラブルが生じると、SIMカード手元にあってもインターネットも通話も不可能です。そのような場合にも端末交換オプションを月額350円でつける事ができます。

自然故障や破損、水濡れなどに対応可能ですが、申し込みは端末購入と同時に行う必要があるため、注意が必要です。

紛失や盗難、自然災害の場合は対応不可など、交換できるかどうかにも規定があるため確認しておきましょう。

交換は一年間に一度限りとなっており、さらに端末交換時には別途3,000円の負担金が請求されます。

また、SIMカードを紛失したり破損した場合には、再発行も可能ですが、手数料として3,000円がかかります。

気になる解約手数料は?

解約手数料は携帯電話会社を含め、つきものといえるでしょう。考えずに契約や解約をする事で無駄な出費になりますから、しっかりと確認しておきましょう。

DMMモバイルでは、通話SIMを契約の場合にのみ最低利用期間が12カ月とされています。契約月の翌月か1ヵ月目として12カ月後の末日までに解約した場合には、解約手数料の9,000円が請求されます。

データSIMの契約の場合には、解約金はかかりません。

初期費用とオプションサービス

DMMモバイルでは、契約事務手数料として契約時に3000円が必要です。

また、SIMカードのサイズを変更することができますが、手数料として3,000円がかかります。

端末トラブル時に交換などを可能にする端末交換オプションとして月々350円、セキュリティオプションは月々250円で利用することができます。

割り込み電話着信機能や留守番電話機能は扱っていません。

MNPについて

DMMモバイルのMNP(モバイルナンバーポータビリティ)について、ご紹介していきます。

これまで使っていた携帯の電話番号を変えたくないと言う人でも、現在契約中の携帯電話会社でMNP予約番号を取得する事で、キャリアメールは使用できませんが携帯電話番号を変更せずに使用する事ができます。MNPを利用しない場合にも、新しい電話番号が発行されます。

通話SIMの場合には、利用中の携帯会社で予約番号を取得しておくと良いでしょう。

ただし、MNP予約番号には有効期限があり、DMMモバイルへの申し込みの時点で7日間残っている必要があるため、計画的に行う必要があります。

また、申込みをしてからDMMモバイル側での手続きが完了した後はそれまでの携帯電話の回線が使用不可になるため、手元にSIMカードが届くまで申し込みの番号を使用する事ができなくなるため、注意しましょう。

DMMモバイルの評判はどんなもの?

DMMモバイルは、やはりバースト機能の使い勝手が良いと評判です。とにかく安くスマホを使いたいため、料金設定が良心的で良いとの意見もあります。

さすがは、MVNO業界最安値を標榜するDMMモバイルです。
確かに他社の同容量の料金プランと比較しても、最安値になっていることがほとんどです。
月額料金の安さ重視で選ぶなら、DMMモバイルで間違いないでしょう。

通話機能を付けてもこれまでよりもかなり節約になるため、変えて良かったと言う人も多くいらっしゃいます。

また、通信状況も問題なく利用できていると言われています。

 

DMMモバイルの一番のポイントは、バースト機能による快適な使用感と言えますが、多くのデータ容量を使用しない人には必要のない機能かも知れません。

しかし、高速データ通信の容量を細かく設定できる事は、少しでもスマホの料金を抑えたい人には都合が良いでしょう。

通話料金の割引が無いのはデメリットとなりますが、通話をメインに考えていない人にとって格安で使用できる事の方がメリットとなる可能性はあるでしょう。

 - DMMモバイル , , , ,